##### 勝手に田母神道場ホームページ案 第6版 2020.02.19 #####

田母神道場トップページ
   ->紹介ページ(トップページと兼用) 田母神道場について
   ->道場生募集ページ
   ->活動計画告知ページ
   ->分科会のご紹介
       ->読書部
       ->街宣活動部
   ->田母神道場ブログ
   ->問い合わせフォーム
   ->準会員登録ホーム(メルマガ登録)
   ->メンバー専用ページ
   

1.紹介ページ(トップページと兼用) 勝手に田母神道場について

   1-1.ホームページタイトル及び、url

       タイトル 勝手に田母神道場(仮称*)

                   *:現在会名称の変更が検討されており、それに伴い変更がある見込み。

       url https://tamodojo.com

   1-2.紹介記事のコンテンツは以下を予定(あくまでも暫定)

       ・本道場は、田母神道場は元航空幕僚長田母神俊雄氏の田母神イズムを世に浸透させる目的で6年前設立されました。
        日本の伝統・文化を尊び、様々な 時事問題に対応すべく学びと実践を通じ、道場生の連帯をもって国家に貢献するを旨とします。
        本会では、講演会、勉強会、見学会等、順次活動を行なっていくこととしています。
   
       ・田母神俊雄さんのプロモーションビデオ

       ・代表挨拶
   
        本人写真(顔出しは可かな?)
   
        田母神道場は元航空幕僚長田母神俊雄氏の田母神イズムを世に浸透させる目的で6年前設立されました。
        令和二年を皆さんはどう思われますか。
        与党は奢り野党は揚げ足取りに終始してます。
        日本が安定するには三つの力が必要です。
        強い経済力、強い国防力、そして強い精神力。
        守りとは勇ましい事を言うだけではありません。
        内なる守りこそが必要なのです。
        まずは地域の守りを固める必要があるのではないでしょうか。
        田母神道場は一律平等です。
        田母神道場は大東亜共栄圏の教えを順守する場です。
        田母神道場は学びの場です。
        田母神道場は来る4年後を見据えた活動を行います。
        「強い日本を作る為には」
        令和二年度の田母神さんの御題を我々なりに解釈発展させていければと思います。
        若者から高齢者まで性別、社会的地位に関係なく田母神道場では幅広い人材を募集します。


2.道場生募集ページ

   ・入会資格、不問
     若者から高齢者まで性別、社会的地位に関係なく幅広い人材を募集します。
   
   ・年会費12000円
   
   ・入会希望を明記の上、400字以内(短文も可)で「強い日本を作る為には」について
    簡単な作文を添えて問い合わせフォームにて連絡先をおしらせください。
    おって合否の御連絡と入金先を送らせて頂きます。

3.活動計画告知ページ
勝手に田母神道場
   本会
 
    ・2020年2月15日(土)
       XXXXXX氏講演会 「防衛駐在官のお仕事」
         場所 渋谷XXXXX
         時間 18:30
   
   読書部
   
    ・2020年2月8日(土)
          定例勉強会
            場所 桜上水XXXXX
             時間 9:00〜13:00
            
              第1部:XXXXXXXX
              講題: 「コンピュータの基礎知識〜ダブルクリックすると何が起こるのか?」

              9時05分~10時15分(70分)
              <10分休憩>
             10時15分~10時25分

             第2部:ooooooo
             講題:

   街宣部

4.問い合わせフォーム

   まあ、普通の感じで。氏名とメールアドレスと、問い合わせ内容がメールで飛んでいく。

5.田母神道場ブログ

   主に、活動予定、活動報告、その他お知らせを周知する目的でブログを運用する。
   本会員は自由に投稿出来るが、文責を明確にするため、ハンドルネーム(本名での運用出来る合意出来るなら、
   それでも良いですが)を明記する。  

   1-1.ブログページタイトル及び、url

       タイトル tmgmdjblogのブログ(仮称*)

                   *:現在会名称の変更が検討されており、それに伴い変更がある見込み。

       url https://ameblo.jp/tmgmdjblog/

   
   1-2.ブログののコンテンツは以下を予定(あくまでも暫定)

   活動報告を中心に、誰でも書けるようにするか?文責を明確にするため、作成者は氏名を明記することにする?
   とりあえず、スカピッピパパは、参加した活動の記事は自身のブログ記事としてアップし、そのリンクとともに告知記事をアップする。
   とりあえず、メインホームページのブログタブから飛んでいく。

6.準会員登録ホーム(メルマガ登録)

   メルマガを使用し、活動計画の告知および報告を行うものとする。この登録を持って準会員とする。
   メルマガ配信機能は
   オレンジメール
   https://mail.orange-cloud7.net/
   (登録数100件までは無料)で行う。

7.メンバー専用ページ
   
   パスワードによる認証により、会員限定で見られるページとする、
   
   7-1.ハンドルネームと本名の対応。
   

#####
綱領


#####
規約

1.本懐は、正会員および準会員によって構成される。

2.正会員の承認の上、年会費の納入を持って、正会員となる。
  正会員は運営委員会での決議権を有する。
  正会員は、本会活動に割引価格で参加する資格を有する。

3.準会員は、無料で登録できる。
  メールアドレスの登録を持って、準会員となれる。
  準会員は電子メールの配信のより活動計画と、活動報告の報告を得ることができる。
  希望により、実費にて活動に参加することができる。
  必要に応じ、運営委員会に参加し、要望を上げることができる。
 
#####
役員


#####
組織図

  本会

    代表 ○○○
     副代表 △△△
     会計 XXX
    広報 スカピッピパパ

   読書部

     代表 XXX
      総務 □□□
       広報 スカピッピパパ

    街宣活動部

      代表 ○○○
       広報 スカピッピパパ

#####
政策

#####
沿革

2015年9月 田母神俊雄氏公認のもと、第一期田母神道場発足、本会現幹部幹部、○○○、△△△、XXXは、この時主要メンバーとして、立ち上げに参画。

2016年9月 第二期田母神道場発足、本会現広報部長スカピッピパパ参画。

2017年5月 田母神氏逮捕の影響で活動自粛状態に陥る。

2018年2月再建を目指し、現幹部を中心に活動を再開。

現在まで活動を継続、田母神氏の講演会への協賛活動なども実施。

参考「田母神俊雄講演会at茨城護国神社参加報告」
https://ameblo.jp/bscpppp/entry-12366440160.html

2020年1月 メンバー拡大を目指し、ホームページの運用を計画、検討を開始した。

2020年2月田母神氏のツィッターでの発言をキッカケに、一旦袂を分かっことを決断、名称から「田母神」の冠を外すことを決断。

現在、新名称の検討とともに、「勝手に田母神道場(仮称)」にて、ホームページ開設の継続を継続中。

#####
改版履歴

2020.01.26 第1版 新規作成
2020.01.30 第2版 綱領、規約、役員、組織図、政策、メルマガ追加、タイトル変更
2020.02.06 第3版 とりあえずhtml化することで、文字化け回避
2020.02.08 第4版 ブログurl取得、ホームページからリンクを貼った。
2020.02.09 第5版 ブログ、ホームページのurlと仮称タイトルを明記。
2020.02.19 第6版 沿革を追加、組織図を拡充、メンバー専用ページちょっとだけ具体化