##### 雄藩日本ホームページ案 第14版 2020.03.15 #####

雄藩日本トップページ
   ->雄藩日本のご紹介
   ->会員募集ページ
   /*->活動計画告知ページ   とりあえず保留 */
   ->分科会のご紹介
       ->読書部
       ->街宣活動部
   ->雄藩日本ブログ
   ->問い合わせフォーム
   ->準会員登録ホーム(メルマガ登録)
   ->メンバー専用
   ->ホームページ計画案
   

1.雄藩日本のご紹介

   1-1.ホームページタイトル及び、url

       タイトル 雄藩日本

       url https://tamodojo.com

   1-2.紹介記事のコンテンツは以下を予定(あくまでも暫定)

       ・設立趣旨
   
       ・田母神俊雄さんのプロモーションビデオ

       ・代表あいさつ
   
        本人写真(顔出しは可かな?)


2.会員募集ページ

3.分科会のご紹介

   読書部
   
     工事中

   街宣部

     工事中

   トップへ戻る

4.問い合わせフォーム

   問い合わせフォームを、氏名とメールアドレスと問い合わせ内容だけの最もシンプルな形で設置。
   cgiプログラム提供会社フォームメーラー(https://www.form-mailer.jp/)の無料版で実現。
  将来的に
   ・より高機能にしたい。
   ・広告を外したい。
  等あれば、有料版移行か、cgi自力開発かを、検討する。


5.雄藩日本ブログ

   主に、活動予定、活動報告、その他お知らせを周知する目的でブログを運用する。
   本会員は自由に投稿出来るが、文責を明確にするため、ハンドルネーム(本名での運用合意出来るなら、
   それでも良いですが)を明記する。  

   1-1.ブログページタイトル及び、url

       タイトル tmgmdjblogのブログ(仮称*)

                   *:現在会名称の変更が検討されており、それに伴い変更がある見込み。

       url https://ameblo.jp/tmgmdjblog/

   
   1-2.ブログののコンテンツは以下を予定(あくまでも暫定)

   活動報告を中心に、誰でも書けるようにするか?文責を明確にするため、作成者は氏名を明記することにする?
   とりあえず、スカピッピパパは、参加した活動の記事は自身のブログ記事としてアップし、そのリンクとともに告知記事をアップする。
   とりあえず、メインホームページのブログタブから飛んでいく。

6.準会員登録ホーム(メルマガ登録)

   メルマガを使用し、活動計画の告知および報告を行うものとする。この登録を持って準会員とする。
   メルマガ配信機能は
   オレンジメール
   https://mail.orange-cloud7.net/
   (登録数100件までは無料)で行う。

7.メンバー専用ページ
   
   パスワードによる認証により、会員限定で見られるページとする、
   
雄藩日本    7-1.ハンドルネームと本名の対応。
   
8.ホームページ計画案


#####
改版履歴

2020.01.26 第 1版 新規作成
2020.01.30 第 2版 綱領、規約、役員、組織図、政策、メルマガ追加、タイトル変更
2020.02.06 第 3版 とりあえずhtml化することで、文字化け回避
2020.02.08 第 4版 ブログurl取得、ホームページからリンクを貼った。
2020.02.09 第 5版 ブログ、ホームページのurlと仮称タイトルを明記。
2020.02.19 第 6版 沿革を追加、組織図を拡充、メンバー専用ページちょっとだけ具体化。
2020.02.21 第 7版 新名称決定に伴い、「雄藩日本ホームページ」に変更。
2020.02.21 第 8版 役職者のハンドルネームを確定。
2020.02.28 第 9版 トップページを「雄藩日本のご紹介」、従来を「ホームページ計画案」に移行
                活動計画告知ページとりあえず保留、ブログ投稿を開始。
2020.03.01 第10版 トップページに、設立趣旨、田母神俊雄さんのプロモーションビデオ、代表あいさつ
                  ブログ記事通算4本投稿。
2020.03.01 第11版 問い合わせフォームを最低限の機能で実現。とりあえずメールは届く。
2920.03.15 第12版 会員募集ページ作成。
2920.03.15 第13版 分科会のご紹介ページ作成。
2920.03.15 第14版 トップページに、「綱領」、「政策」、「沿革」、「規約」、「役員」、「組織図」追加、
                  そのため、本文書はほぼ、サイトマップと、改版履歴となる。